2014年間ベストアルバム [COUNTRY部門]

明けましておめでとうございます!今日は2014年ベストアルバム、カントリー部門の発表です。アメリカでは高い人気を誇るカントリー・ミュージック、歴史や伝統からすると日本の演歌に相当するとも言われているみたいですね。では、ノミネート・リストはこちらです。

[COUNTRY部門]

Hunter Hayes “Story Line”
Miranda Lambert “Platinum”
Blake Shelton “Bringing Back the Sunshine”
Little Big Town “Pain Killer”


[Won!] Lady Antebellum – “747”

medium_qudmIG_Ih0SF7GG7Ydc3ROGBIJH1rsEmu_pXnvNabg0

きました!ノミネートされていないにも関わらず今年のベストアルバムに選ばれたのはLady Antebellumの”747″。完全に入れ忘れです← こちら、代表曲”Need You Now”が2010年の年間2位獲得、グラミー常連の言わずと知れたカントリー・トリオLady Antebellumによる6枚目のアルバム”747″なわけですが、6枚目って・・・・毎年のスパンでリリースしていますね。3人揃ってよっぽど優秀なんでしょう、毎年のリリースでどんどん進化していっていますよ。いや、正直に言うと前作の”Golden”までは現状維持といった感じで「安定感あるなあ。」としか思えていなかったんですけど今回は攻めてます、強い!アルバムのその強さのコアとなる1stシングル”Bartender”ではバーで飲みまくりバーテンダーを圧倒してやろうという、紅一点ヴォーカルHilary Scottを前面に押し出したカントリー・ロックナンバー。

M1″Long Stretch of Love”や2ndシングルカットされたM4″Freestyle”では、控えめな前作ではなかったダイナミズムも味わえます。また、M2″Lie With Me”やM6″One Great Mystery”などほっこりとしたやさしさが染み出るミドル・ナンバーも収録。さらに、キラーチューンのM8″She Is”、M10″747″などのエモーショナルな感情表現は3人ならではですよねー・・・。カントリー・ファンでなくても誰もがきっと聴き惚れるような、そんな今年ベストな一枚でした。

広告